« がんばれニッポン | トップページ | BMWパワー F1バーレーンGP予選 »

2008年4月 5日 (土)

F1グランプリ第3戦 バーレーンGP

Diapo_017
F1グランプリ第3戦 バーレーンGPのフリー走行2回目が終了しました。

天気は晴れ 気温30℃、路面温度42℃のドライコンディションで行われました。

終始順調に来ているフェラーリがワンツーといい感じできています。

Fマッサが唯一32秒を切る1分31秒420でトップ

昨年のPPタイムをあっさりと塗り替えています。単純に燃料をどれだけ積んでいたかが定かではないので単純比較はできませんが・・・・

昨年のフリー走行のタイムのデータを比べれば比較ができるのですが、データが見当たりませんでした。

ムラはあるものの得意なサーキットではマッサの速さはまだ顕在といったところでしょうか?

マクラーレンのLハミルトンは終盤でクラッシュを演じコースオフしタイムは1分32秒847で4位

順位は以下のとおりとなった。

2位Kライコネン 1分32秒327 マッサとの差は0.907

3位マクラーレンのHコバライネン

1分32秒752

4位Lハミルトン

5位BMWザウバーのRクビサ 1分32秒915 同僚Nハイドフェルドは17位

6位Nロズベルグ 32秒目前の1分33秒022

ジュニア対決はチームの熟成度合いにより差がついた形となった。

 Nロズベルグの6位・中嶋一貴8位 順調のウイリアムズ勢の2人。

ネルソン・ピケJr.10位 とルノーがやや調整不足かFアロンソも12位 1分33秒735と振るわず。

ジャパン勢はHondaのJバトンは11位とRバリチェロは16位と振るわず。

トヨタのJトゥルーリ14位 Tグロック15位

SUPER AGURI勢は佐藤琢磨が21位 Aデビッドソンが22位

昨年不振のHONDAの中古車を使っているのでしょうがない結果か。

この位置も定位置化してきています。

昨年のポールポジションタイムはフェラーリのFマッサの1分32秒652

ファステストラップ は1分34秒067でした。

どれだけマクラーレンがフェラーリとの差をここから埋めてくるか?

土曜日フリー走行でセッティングを煮詰めて予選でどれだけのタイムを出すのか。

2強に続く勢力はどこになるのか?BMWかウイリアムズかレッドブルかスタートで2強の間に入り込める位置にグリッドを確保できるか見ものです。

« がんばれニッポン | トップページ | BMWパワー F1バーレーンGP予選 »

グランプリの世界 F-1 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076772/23060897

この記事へのトラックバック一覧です: F1グランプリ第3戦 バーレーンGP:

« がんばれニッポン | トップページ | BMWパワー F1バーレーンGP予選 »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ