« グラバーさんとビールと長崎 | トップページ | 地球温暖化防止のためCO2削減/ライトダウンキャンペーン 今度は七夕の日です。 »

2008年6月30日 (月)

ひけた鰤

ひけた鰤 オーナー募集の記事を新聞で見つけました。

魚ヘンに 師匠のシ でなんと呼ぶんだっけ。

漢和辞典を取り出す。
コンピューターで読みのわからない漢字は調べなれないのでしょうか?

わたしが知らないだけです。
たぶん誰か作っているはずです。

※漢字の書き順を動画で教えてくれるサービスもありました。
なんというサイトか忘れました・・・・・

「ブリ」です。

市場での評価・取り扱われ方◆幼魚であるものから、1メートルを超えるブリまで年間を通して入荷する。小さいものは非常に安い。値段はある程度大きくなってからつく。日本海のものは高くて太平洋側は安い
また養殖も含めると膨大な量を消費している。最重要魚
生息域◆琉球列島をのぞく日本各地。
大きさ◆1メートルを超える
漢字◆「鰤」
由来◆
●「『大言海』にあぶらの転訛であり、脂肪の多いことから〈あぶら〉→〈ぶら〉→〈ぶり〉」
●「江戸時代の『日本山海名産図絵』に〈老魚の意をもって“年経(へ)りたるを”“老(ふ)り”により『ふり』の魚という。濁音にいいならわしたり〉」
●「身が赤くて“ぶりぶり”しているため」
●「雪の降る頃によく捕れて、味もよいので〈降りの魚〉の意」
●「頭魚、丸い頭の魚、丸くて大きな頭の〈丸〉を〈つぶり〉というの〈つ〉を省いたもの
参考/『新釈魚名考』榮川省造 青銅企画出版

九州ではワカナゴ → ヤズ → ハマチ → メジロ → ブリ という。

ひけた鰤とは ブリ養殖発祥の地 香川県の引田 で養殖されている鰤のことです。

新聞にはオーナー募集とあった。

正月にはブリがないと始まらない。
よく見ると年末の発送も可能のようです。

食べたいな。fish

詳しくは、  引田漁業協同組合
オーナ募集は

ブログも面白そうです。
応援したいと思います。

20070925152117541350_b

« グラバーさんとビールと長崎 | トップページ | 地球温暖化防止のためCO2削減/ライトダウンキャンペーン 今度は七夕の日です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076772/22579569

この記事へのトラックバック一覧です: ひけた鰤:

« グラバーさんとビールと長崎 | トップページ | 地球温暖化防止のためCO2削減/ライトダウンキャンペーン 今度は七夕の日です。 »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ