« shell | トップページ | 欲 »

2008年8月26日 (火)

銀行の融資

K00007122_2
個人の住宅取得を促進するため、フラット35やらフラット25などの長期固定金利の住宅ローンがあります。

これって、中古の住宅購入やマンションの購入には使えないことがあるようです。

特にメガバンクではその傾向が強いようです。
アメリカでは一般的な仲介業者であるモーゲージ・ブローカー(SBIモーゲージや楽天モーゲージ)も手数料が安いのは魅力的ですが、難しいようです。

それが不良債権のマンションだったりするとまったく話をしてくれません。

地元の銀行を利用したほうがスムーズですよ。って案内?してくれる。
貸してくれるところをご自分でお探しください。って感じです。
不良債権は手続きが面倒だからだそうです。

地元の不動産業者の話によりと、物件次第だと言うのです。
そのときは、一棟のうち25%が売り物件や、差し押さえ物や支払いが滞っていたりする物件でした。

なぜ、そのような不良物件ができてしまったのかと言うと。

当時の販売のやり方にも問題がありそうです。
アパートの家賃くらいでマイホームが持てる 
ってふれこみで売ってました。

小さく管理費・駐車場代が20000円程度とありました。けど・・
安い金利につられて契約させらてしまった人たちです。

少し無理しても大丈夫かな?ってな感じでマイホームを持った人たちです。
丁度、最初の5年固定の部分が終わって変動に移行して2~3年です。


田舎のマンションは資産価値はほとんどゼロに近いという話です。
中心部に近く、交通の便がいいところでないと不動産として持っておく意味はないそうです。
買い手がつかないという理由で。 
流動性がないためだそうです。

気に入って住むのは別としてですよ。

« shell | トップページ | 欲 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行の融資:

« shell | トップページ | 欲 »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ