« シンガポールGP PPはフェラーリ マッサ獲得 | トップページ | シンガポールGP 決勝結果 »

2008年9月29日 (月)

コックピット

Supra
この運転席は、どのくるまだと思いますか?
木目のパネルまで奢られてビンテージ車の雰囲気。

大きな3連メータを装備し、エアコン吹き出し口。エアコンダイアルまで丸で統一。

すべての計器とボタンが運転席を取り囲むかのように運転席向きで配置されています。

さらに助手席との間に隔壁みたいなセンターコンソールが横たわっています。

答え:toyota スープラ 

まさしく日本の誇るスポーツカーの代表格でした。

C7359a

エンジンは直列6気筒 3000CC  DOHCターボと、NA。
4速AT、5速MT、ドイツゲトラグ社製の6速MTまでついた豪華版も存在していました。

ターボモデルは最高出力280馬力と最大トルク46kgm

メーカー純正のでかっパネまでついて過激なエアロに仕上がり。

出力規制枠があってソノ最高値を誇っていた車でした。
技術的には300オーバーは楽に可能だったというはなし。

日本にもかつてスポーツカーブームがありました。

初代スープラは中古でも手が届きそうもないプライスでした。

リトラクタブルヘッドでまさに和製ナイトライダーでした。

Ma70_1

スポーツカーの短命は宿命でしょうか。
同時代の頃のマークⅡの姿は拝見するものの、このスープラは見なくなりましたね。


そのマークⅡデジタルスケールがついています。

20万キロ突破で日々増えています。
今度写真とらせてもらおうかな。

« シンガポールGP PPはフェラーリ マッサ獲得 | トップページ | シンガポールGP 決勝結果 »

クルマのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076772/23116213

この記事へのトラックバック一覧です: コックピット:

« シンガポールGP PPはフェラーリ マッサ獲得 | トップページ | シンガポールGP 決勝結果 »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ