« 長崎くんち 新大工町 詩舞・曳壇尻 | トップページ | システムの安定化を »

2008年11月11日 (火)

通販型自動車保険考察

自動車保険の損保ソルベンシーマージン比率

080331

2007年度の結果です。
サブプライム関連で、株式運用比率が高かったところは、資産の時価総額を減らされているので、運用が悪かったところは、これより下がると思われます。

この数字が出るのが、3月以降ですから。
それにしてもnoteハロースイス大丈夫?

計算式

ソルベンシー・マージン比率の計算式は以下のとおり。

A = \left( \frac{C}{\left( B \times 0.5 \right)}\right) \times 100
  • A:ソルベンシー・マージン比率(%)
  • B:通常の予測を超える危険
  • C:ソルベンシー・マージン総額(有価証券の含み益などを含む広義の自己資本額のこと。)

各社見積もりがそろってきました。
見積もりの条件は
対人・対物   無制限
人身障害保障  1億円
搭乗者傷害  1000万円
無保険者傷害  2億円

車両保険なし。

三井ダイレクト 15560円
SBI損保     17550円
エース保険   20160円
AXAダイレクト 22520円
ソニー損保   23290円
アメリカンホームダイレクト25620円
全労済      28530円 全労済は搭乗者傷害をつけてません。
あいおい損保  32030円 あいおい損保は搭乗者傷害をつけてません。

保険料は走るブンだけ。ソニー損保は1000kmで200円くらいです。
翌年の保険料から差し引かれます。なので、次回も継続という形になります。

あんまり車を運転しないので、安いのを選びたいのが人情ですが、イザというときの対応がプアだと困りますよね。
その辺のバランスを考えて検討しないといけません。

« 長崎くんち 新大工町 詩舞・曳壇尻 | トップページ | システムの安定化を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076772/24919991

この記事へのトラックバック一覧です: 通販型自動車保険考察:

« 長崎くんち 新大工町 詩舞・曳壇尻 | トップページ | システムの安定化を »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ