« 個人向け国債 | トップページ | 復活か? ジョーダングランプリ BAR »

2008年12月 7日 (日)

スバルの技術 軽自動車にも

軽自動車で唯一。
4輪独立サスペンション・4気筒エンジンを装備するメーカー。

1987年ベルト式CVTを日本で始めて採用したクルマ「ジャスティ」「レックス」を発売しました。

Sb_s023_f001_m001_1_lSb_s026_f001_m002_1_l
すでにレックスは550ccで4気筒エンジンでした。
ベルト式だったため、伝達ロスが大きく、あまりはやりませんでした。
ATなのに前に行こうとする力(クリープ現象)がなく、坂道で下がるクルマでした。

その後、CVTは進化して現在に至っています。

もうこのメーカーの技術の結晶からうまれた軽自動車は買えなくなります。
4WD・水平対向エンジンなどスバルのアイデンティティがひとつ無くなります。


ラストチャンス! 今こそスバルの軽を買え

広い車くて乗り降りがしやすい軽自動車という条件を満たす車が残念ながらスバルにはありませんでした。
もしかして、OEMでタントとかをステラのネーミングで売るかもね。
お互いカスタムってつくところも共通している。

« 個人向け国債 | トップページ | 復活か? ジョーダングランプリ BAR »

クルマのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076772/25660673

この記事へのトラックバック一覧です: スバルの技術 軽自動車にも:

« 個人向け国債 | トップページ | 復活か? ジョーダングランプリ BAR »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ