« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の33件の記事

2010年4月30日 (金)

気分は夏。

Img30
暖かい日が続いています。
気分は夏でしょうか?
波打ち際で砂遊びしています。

Img38
さすがに、泳いでいる人はいませんでした。
シーズンになると沖合いにくらげ防止用のネットが設置され、管理員も常駐するようです。
今は、未管理のようです。泳ぐのは海開きまで待ってください。

2010年4月29日 (木)

普賢神社大祭 山登りしてきました その5 達成感

Img_0052

Img_0063

下の様子が見渡せる開けたところに出ました。
随分、上まで来ましたね。

上を見ると不動明王さんが見えます。
すぐ近くには白い観音菩薩像がありました。
岩の斜面に彫られている。

Img_0061

Img_0054

Img_0056 Img_0057
ここでお昼をとり、しばらく休憩。
すると、もう上までは行きたくないとJrが言い出した。
昼を食べ、よい眺めを見て彼なりの達成感を得たのだろう。

よくがんばった。
途中休憩しながらも木々の間を歩いた。上を目指して・・・。
こんなにがんばるとは思っていなかった。

強くなった気がした。

よくがんばった。そう褒めながら。
歩けないと言い出す前に、戻ることにした。
彼も満足気だった。

彼も、自分の足で歩かないといけないと思っていたようだ。

やっぱりこの山は修験の道だったのかもしれない。

2010年4月28日 (水)

普段の普賢神社 画像拝借

Img_0059

がけの上の神社の反響がが凄いようでコメントたくさんいただきました。

普段の普賢山神社の画像がなかったので拝借しました。

元ページです。

祭りのときは、扉が開け放たれてあって、ご神体が拝めるわけですね。
1年のうちで大祭の1日。
その時だけだそうです。
・・・・信者さんの視線が怖かったんですが・・・・・。

ブログに載せた写真 はこの社殿の裏側にあります。

普賢神社大祭 山登りしてきました その4  普賢神社

Img_0068_2

Img_0069

この先の岩と岩の間を抜けると社殿があります。
岩の中にも鳥居が奉ってあります。

Img_0046

おいおい。!!!勝手に進んでいくJr。

Img_0039
社殿では菩薩の大祭ということで沢山の方がお参りされていました。

この日だけ、御神体さまが拝める日だそうです。
知らなかった。
残念。。。

神社なのに、お経をあげている人。線香も供えてありました。ちょっと不思議な空間。

そこで、拍手を打ったものだから・・・・。皆さんの視線が怖かった。eye
写真もなし。
そのままスルーしちゃった。

社殿の裏に廻る人がありました。
ついて行くと・・・・。

Img_0043
あった。あった。思い出しました。わたしが子供の時からありました。
コケが生えてこんな感じ。
チェーンから落ちると崖のした。

Img_0044

2010年4月27日 (火)

普賢神社大祭 山登りしてきました その3 普賢峰

Img_0034
ここからが普賢神社の上り口。
鳥居にも普賢峰と記されています。

Img_0036
木の生い茂る中に敷石が敷かれています。
歩幅に合っていて登りやすいです。
敷石をここまで運んできた苦労は幾ばかりだったかと想像して。感謝した瞬間です。


Img_0047
途中。お茶のサービスがあり。(年一度の大祭だから)
何度か休みながら。
ようやく神社の入り口まで到着。

Img_0038

Img_0066

。。。。。つづく。。。。。

2010年4月26日 (月)

普賢神社大祭 山登りしてきました その2 普賢龍神社

Img_0015

普賢菩薩の由来

文殊菩薩とお釈迦様とで釈迦三尊を組みます。普賢様には増益と延命という二つの徳がある。冠に五仏が付いて、白象に乗っている。知恵の文殊に対し慈悲の普賢といわれます。
慈悲の力で民衆を救い、象のように力強く、忍耐し、仏様の中で最も賢く、女に負けない美しい顔立ちである。
意味を解き明かし、真と言う言葉を深く身につけ愚痴に閉ざされない耐久の心を十分にさとることを教える菩薩様です。
ご真言 「おん さんまや さとうばん」
平成13年10月吉日 竹内 寄贈

Img_0018

しばらくはなだらかな山道が続いていきます。
意外と楽に登れます。
これから先の準備運動といった感じでしょうか。

Img_0019
ちょっと開けたところにでました。
この建物が上からはどのように臨めるか楽しみにして登ってみましょう。

Img_0022

Jrと一緒だったんですが、すれ違う人みんな。
元気だねぇ。やっぱ年には敵わんわ。
昔は軽かったのに・・・・。

Img_0025

Img_0026
お年寄りには、登ることが修行のようでした。

少し登るとまた鳥居があります。
もしかして神社へ続く参道ということか?
このころになると、やや傾斜がきつくなります。

Img_0032

Img_0033
普賢龍神社。
じつはココまでは、車で上がってこれます。
楽をしたい方は、ここから普賢神社を目指されてはどうでしょうか?

はじめのなだらかな行程を飛ばして、一気に急階段からのスタートとなりますが・・・・。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Img_0086 Img_0080 Img_0081

目指すは、普賢神社。

2010年4月25日 (日)

普賢神社大祭 山登りしてきました

Img_0014
先日の矢上のまつり
普賢神社 大祭

山登りしてきました。
沢山の人たちとすれ違いました。

Img_0101
春のいい天気で気持ちよかったですよ。

Img_0013

。。。つづく

2010年4月24日 (土)

ちゅーりっぷ

Dscf9078

元気に咲いています。

水を切らさぬように、毎日やっていたのが良かったのか?

暖かかったり、寒かったりの変な天候のせいかな?

2010年4月23日 (金)

南山手。グラバー園

Photo

南山手。異国のイメージのある一帯。

季節の花が咲きます。
春浪漫フェスティバル
詳しくはバナーをクリック。

Roseflowergarden_banner01

奇麗なバラが園内を彩るようです。
ハートストーン探してみますか。ある晴れた日に。

2010年4月22日 (木)

上野彦馬像と坂本龍馬像

Img_8269

柳の葉が揺れる中島川公園。二人の像があります。

上野彦馬生誕地と彫られています。
このポーズから誰かわかりますね。

Img_8271

Img_8266Img_8264 

この日は川面が穏やかできれいな眼鏡になってました。

Img_8272

2010年4月21日 (水)

上野彦馬撮影所

Img087

上野彦馬が撮影したといわれていた写真。
実は井上俊三という弟子が撮影したことが最近判明しました。

撮影所跡はというと。
現在、立体駐車場になってます。
ポツンと案内板が設置されています。

Img_9118 Img_9119 Img_9121

人気ブログランキングへ

このそばに、龍馬がもたれている撮影台のモニュメントができていました。
同じポーズで写真を撮ることができます。

2010年4月20日 (火)

矢上普賢神社 大祭

P1750011

目に付く黄色の看板。
川沿いには幟も。

Img1
毎年この時期に行われている行事。
この山(普賢山:標高439m)に神社があります。
どんなお祭りかは行ったことがないので知りません。

Img9
途中までは車で行けます。
それより頂上までは延々石段が続きます。
お詣りできない方のために下にも奉ってあります。

Img5

子供のころ何度か登っていました。
街の景色もあのころからすると大きく変っています。
今度登ってみます。

2010年4月19日 (月)

こいのぼり。 元気に泳ぐ

Img10

川沿いを彩るこいのぼり。
今年も設置されました。
節句が済んで家庭で眠っているこいのぼりの第2の人生です。

Img3
風光る季節の元、元気に泳いでいました。
天気が崩れるみたい。ちょっと心配。

Img11

2010年4月18日 (日)

長崎ペンギン水族館 坂本龍馬関連

Img100
各地も龍馬。龍馬です。
長崎ペンギン水族館までも、企画展開催。驚いた。

4月29日には 海援隊龍馬に学ぶ航海塾 を開催。
ヨットか何かで、海に出るのかなぁ?

龍馬の故郷、高知では何かやっているのでしょうか?

Img101

長崎県長崎市

長崎ペンギン水族館

2010年4月17日 (土)

2010年 F1 第4戦 中国GP 予選結果

F1
すごいぞ。今年のレッドブル。
またまた。最前列独占。

レッドブルのポールポジションは4回目。
ポールのベッテルは4戦中3回ポールポジション。
マレーシアではウェーバーがポールを獲得している。

好調のまま決勝も終えられるか?
シューマッハはまたまた中段に。40代は盛りが過ぎたのか?

[F1グランプリ] ブログ村キーワード

坂本龍馬を思い出してみる

Img_9000


Img_9001


Img_9003

どうした?。目つぶって。
龍馬。どんな顔やったかなぁ?

あっ。わかった。

Ryouma

この顔を思い出してたって。

長崎県長崎市

龍馬のぶーつ像

2010年4月16日 (金)

八番街。  福山雅治が綴った長崎 Fellowより

福山雅治が綴った長崎。

Dscf2015

Fellowの歌詞に出てくる8番街はここのことでしょうか?
繁華街の中にあります。

Dscf2016
中には小さなお店が並んでいます。
2階には喫茶店やお食事のお店があります。
福砂屋の販売所もあります。


通り抜けると最後の写真のように長崎のアーケードからひとつ奥の通りに抜けられます。

Dscf2018
Dscf2017

人気ブログランキングへ

歌詞

My Home Town  風の唄 なくさないさ
My Home Town  夢の唄 忘れないさ
こんなふうに雨があがる  朱色のこの空
こんなふうに歩いてく 街のにおいを感じて
My Home Town  風の唄 なくさないさ
My Home Town  夢の唄 忘れないさ
こんなふうに橋を渡る  電車通りを抜けて
こんなふうに逢いに行く 八番街のおまえに
My Home Town  あの頃の おまえらしく
My Home Town  どこまでも おまえらしく
街の灯りそっと夜を誘う  約束の時間さ
My Home Town  風の唄 終わらないさ
My Home Town  夢の唄 走るために
My Home Town  風の唄 なくさないさ
My Home Town  夢の唄 忘れないさ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ    人気ブログランキングへ

2010年4月15日 (木)

ハウステンボス 人の流れ

Dscf9103

Dscf9107_3

メインの通りは人がたくさんいたんですが、裏手に入る人が少ないところもあります。

混んでいるのはパレス前や、運河船の乗り場あたりですね。
支援してくれるようになったHISに感謝です。
山積する課題を一つずつ改良してもっと魅力ある街になることを願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年4月14日 (水)

2010 ことしの長崎くんちは始まっていた。

Titleimg

Top_upper

先日、踊り町が発表されたばかりでしたが、もう、WEB上ではスタートしていました。

公式HPのほかにブログをもっている街もあります。
練習風景や、街の様子がアップされていたりして楽しいです。

くんち踊り町のブログを集めてみました。
☆東濱町の竜宮船
☆銅座町の南蛮船
写真をクリックすると、リンクするようにしてみました。
覗いてみてください。

充実している築町自治会のHP

Tsukimachi_banner_200_51

老舗商店街のパワーはすごいと感じました。

2010年4月13日 (火)

今年の当番町 平成22年の長崎くんち

Logonew1

今年の長崎くんちの踊り町が発表になりました。
といっても、7年毎にめぐってくるので、ある程度はわかっています。
今年は、特別出演として、籠町が龍踊りを披露します。
これも、龍馬伝に関係しているとか。

踊町と演し物は次のようです。

馬町   本踊
東濱町 竜宮船
築町   御座船 ・ 本踊
銅座町 南蛮船
八坂町 川船
籠町     龍踊り

6月1日 小屋入りからくんちは本格スタートとなります。
10月の本番まで猛練習の日々が続きます。

今年は、庭見世の3日は日曜日
人揃いは月曜日ですね。
三が日は木・金・土ですね。

これから情報が発信されていくと思います。
リンクを挙げました。

長崎伝統芸能振興会

桟敷運営委員会

昨年は各踊り町はHPを立ち上げて練習風景をアップされていました。
今年も見つけてみたいと思います。

2010年4月12日 (月)

ハウステンボスでの食事を考える

Dscf9115

Dscf9108

高い入園料
さらに駐車場代も。
年間パス持たない人には辛いと言わざるを得ないハウステンボス。

更に食事も高い。

値段で選んでしまうと、ココロまで虚しくなります。
発泡の器でちゃんぽんを出すお店もあります。
相場よりは高い価格なのにコレですからね。

園内ではあまり食事をしない我が家ですが。
食事に期待するものがないので。

相場よりはちょっと割高ですが、
トロティネ はいかがでしょうか?
園内ではリーズナブルな部類にはいります。
騒がしくないところも◎
ゆっくりした感じで食事が出来ると思います。

[ハウステンボス] ブログ村キーワード

2010年4月11日 (日)

船中八策トルコライスセット 

P1750022
とっとっと。
トルコライスのお店です。
詳しくはハウステンボス飲食店がいーど さんのブログで

溝渕広之丞役。ピエール瀧さんのサインがありました。cameraパチリ。

20食限定の龍馬の船中八策トルコライスセット 1500円目当てでしょうか、オープン前から列ができていました。
即、限定数まで達したようでした。

ハウステンボスのお店のうちでは、手ごろな価格の部類になります。
本場のトルコライスとはちょっと違うような気がします。
ホンモノは是非、長崎で味わってください。

龍馬ラテ450円は15時からだそうです。

2010年4月10日 (土)

宮殿前のチューリップ

Dscf9137 

Dscf9139

Dscf9134

天気が良かったので、皆さん芝生に座ったりしてのんびり過ごしています。
これが、ハウステンボススタイルだと思います。

街全体。雰囲気を楽しむといった感じでしょうか。
写真を撮るには画になる街だと思います。
建物の写真は秋の斜陽のころは特に雰囲気がいいと思います。

2010年4月 9日 (金)

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず

Img_0152

Img_0153


世の無常を感じました。
鴨長明さんは
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」
と方丈記で記しています。

入学式まではなんとか持ちこたえてくれました。
今年の桜ももう少しです。


Img_0143_2

2010年4月 8日 (木)

もののあはれ

Img_0117

Img_0140
Img_0066_2
Img_0127
平安時代の美的感覚を表す言葉。

桜の様子を眺めて感じたのでしょう。
あら。風流になってしまいました。

しみじみとした情趣や哀愁が桜にはありような気がします。

2010年4月 7日 (水)

河畔の桜並木

Img_0147Img_0163_3
Img_0160
Img_0167
長崎大水害のとき川は氾濫し、甚大な被害が及びました。
その後、護岸は整備され、コンクリートで固められた遊歩道があります。
地元の人たちが川沿いに花壇を整備してくれています。
この時期は、桜も加わり華やかな彩です。

あれから28年が過ぎようとしています。

2010年4月 6日 (火)

桜を求めて。春爛漫

Img_9979

Img_9954

Img_9947

Img_9986

多良見のぞみ公園の桜です。
曇りがちの天気で光が当たっていないのが残念でした。

低い木が多いので下から見上げる感じで撮ってみました。

春の嵐が吹き荒れる前に。

2010年4月 5日 (月)

桜のトンネル 多良見桜街道

Img_9918_2

Img_9915

Img_9908

結構大型車輌が往来します。
風で揺すられると桜吹雪が舞っています。

過酷な条件で一生懸命咲く姿に感銘をうけました。
一斉に散りだしそうです。
皆さんもお急ぎください。

2010年4月 4日 (日)

満開の桜を 桜街道

Img_9904

Img_9922

Img_9930

県道33号線。多良見~長与線です。
桜が満開です。
車を停めて写真を撮る姿がありました。
枝の下から空を臨むと桜の花が降ってきそうです。

長与に抜けるまでに桜のスポットはいくつかあります。
お気に入りの桜を見つけてみてはいかがでしょうか。

2010年4月 3日 (土)

2010年 F1 第3戦 マーレシアGP 予選結果

[F1グランプリ] ブログ村キーワード

F1

2戦連続でPPだったベッテルは3番手。
予選までは、快調のレッドブル。今度こそ表彰台に。

決勝は晴れのコンディションで見たい。

春の嵐。 その後に

P1750010

P1750007_2

P1750008

かなり吹き荒れた昨日の雨。さらに風も伴っていた様子。
小学校前の桜の木。
思っていたよりも残っていました。
耐えたようです。


卸センターの桜は、車が通るたびに落ちた花びらが、桜吹雪のように舞っていました。
昨日の風向きの加減でしょうかね。



2010年4月 2日 (金)

光に浮かび上がる桜

Img_0109

Img_0072

Img_0096

黄金色の桜は、実は、野球場のナイター照明のおかげでした。
照明が点いたすぐはオレンジの光を発していました。
その影響で、桜が金色に輝いてくれていました。

照明の光が安定してくると、いつもの桜の色になりました。

2010年4月 1日 (木)

黄金に輝く桜

Img_0088

Img_0087

Img_0090
見事に輝いてるでしょ。
天気が崩れると言う予想だったので、急いで撮影に出かけました。
日没後1時間弱だと思いますが、空の色が異様な蒼さでした。
画像処理したみたいに見えますね。



« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ