« 鯱太鼓・鯨の潮吹き 諏訪っ子くんち | トップページ | 空の日。by空倶楽部 »

2010年11月 8日 (月)

手作りの龍踊り

細部にまでこだわって作っています。

鱗の模様見て。

Img278

Img286

Img287

Img279

Img288

顔が、本物の顔してます。

指導はもちろん諏訪町の龍衆さん。

« 鯱太鼓・鯨の潮吹き 諏訪っ子くんち | トップページ | 空の日。by空倶楽部 »

☆長崎のまつり」カテゴリの記事

コメント

へ~~~
手作りですか!
よくできてますね~~
写真もバッチリですね!

ここから、長崎の伝統であるくんちを継承してくれる子供達が
育っていくんですね。
頼もしい限りです。
地域力が弱くなっているとか、結びつきが希薄になっていると
言われますが、子供達の真剣な表情を見ると安心します。
子供達より、私たち大人がしっかりしないといけませんね。

ちび太郎さんのご意見、
ごもっとも!と思いながらも
耳が痛いと感じるのは私だけでしょうか…。(^。^;)
でも、長崎の歴史を伝えていくという意味で
やまとたけるさんのブログが
長崎に貢献をしているのは
言うまでもありませんね。(^-^)

☆20世紀末男さん。
龍踊りを奉納する町ですから。
踊り町のときは校内で庭見世をするくらいですから。
結びつきが強いです。
いつかは諏訪町の龍衆というこどもたちもいるのではないでしょうか。

☆ちび太郎さん。
くんちも結びつきほ図るにはいいのかもしれません。
仲間が増えますもの。
地区での孤独感もなくなります。

☆photowindthoughtさん。
誰もがあまり取り上げない事。
小さな。長崎の今を伝えたいです。
長崎愛です。
愛するココロで伝えてます。

表情がいいですねえ
きりっとしています。
いい瞬間を捉えていますね!

☆JOKERさん。
玉使いは。
玉の動きに集中する事が大切。
龍衆は命があるかのごとく、龍を操る。

頭の子の持ち方。
人差し指の添え方。シビレタっ。

棒が折れて、ひとり少ない人数でがんばって。もってこ~~~に応えてくれた。
ひとり減ったので、重かっただろう。ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鯱太鼓・鯨の潮吹き 諏訪っ子くんち | トップページ | 空の日。by空倶楽部 »

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ