カテゴリー「クルマのこと」の記事

2012年12月23日 (日)

ASIMO

Advanced
Step in
Innovative
Mobilityto

新しい時代へ進化した革新的モビリティ 

の頭文字からきていますぅ。

1_8    


1_5 1_4





          1_3

 なかなか長崎まで来ない彼。

ホンダのショウルームの新規オープンのイベントに来てくれました。
150cmくらいと割と小柄な彼。
2足で起立することは非常に難しいらしい。
それに加えてセンサーで凸凹も感知して階段も歩けるらしい。
今回は片足立ちを見せてくれました。

2010年5月23日 (日)

減速するエネルギーをデンキに変える

Mini

BMW MINIの新リリース。
減速エネルギーをデンキに変える。

これ、昨年F1で採用されていたブレーキエネルギー回生システムKERS(Kinetic Energy Recovery System)じゃないのか?

 カーズKERSとは難しく言うとこうです

F1では貯めたパワーを一気に放出してスピードを得ていたが、公道を走る車にはどのような場面で使うのだろうか。

興味を持って調べてみた。
エネルギーをバッテリーに溜め込むとしか説明を見つけられなかった。
普通の車が発生させる減速エネルギーがどれくらいになるのだろう?
得たパワーをどう使っているのか。いまいちピンとくるものを得られなかった。

Photo
興味がある方は、ロゴをクリックしてHPで確かめみてください。

Mini_3

スバルレガシィのCM見ました?

Photo
ぶつからない車。プリクラッシュブレーキ。
アイサイト。

こんなのが必要だと思う。
詳しくは、またの機会に。

2010年3月22日 (月)

春が来た。 桜前線

Mini Mini2

桜の便りが各地から届くようになりました。

季節柄。こんなクルマも登場。
やっぱミニは遊び心いっぱいのクルマである。
ミニって手ごろなサイズだし。
これが5ドアHBだったら欲しいのに。

MINI.jp

sakuraプロジェクト 注意:リンク先はサウンド有りです。

2010年1月10日 (日)

?AUDI ?

A2_3

レアなAUDIを街で見かけた。
トヨタのイプサムのフロントに○○○○のAUDIマークをつけただけ?
怪しい・・・。

早速、Wikiで調べると、AUDI A2というクルマ。
フロントグリルが一昔前のアウディのデザイン。
日本には正規輸入されなかったらしい。
ミニバン風でよかったのに。

A2_2

wiki記事 AUDI A2

2009年8月18日 (火)

ココアというクルマ

20090817200058_366_

2009年5月24日 (日)

兄弟?ライバル

MazdaSuzuki

マツダのAZ-ワゴンとスズキのワゴン-Rです。

中身はスズキですが、外観の違いでイメージが違いますね。

マツダは他車種にも採用してるマツダのデザインを受け継ぐフロントグリルです。

比べるとスズキのほうがあっさりしすぎですね。

ドアのサッシュあたりもブラックアウトしたほうがすっきり見えますね。

あなたはどちらのデザインが好きですか?

ステイングレーもこうなる。
Mazda_2Suzuki_2




Mazda_3

マツダのデミオですけど、この車はレンタカー用に作られたのか?ってくらい沖縄では走ってます。

しかもこの色です。

 
 

2009年1月 6日 (火)

パレットに特別装備車でたっ。

Limited

先日納車されたパレットです。といってももう1つきになりますが・・・・・

特別装備の車です。やっぱ出ました。

契約の時点でスズキの販売店ではそんな予定の話はありません・・・・っていってた。報道規制でしょうかね。
発売後にある程度売れ方を見て特別車をだす。
これが、スズキの戦略ですね。
ワゴンRでもその手を使っています。

Photo_2
LIMITEDっていうエンブレムがつくそうです。

ただ、Gっていうベースグレードに設定されました。

特別装備はというと。
Photo
キーレスプッシュスタートシステム
スライドドアクローザー
CDオーディオ(でも標準の2スピーカーです。)
専用フロントグリル
撥水加工のシート生地です。

これで、117万6千円です。

HID・パワースライドドアはついていません。
安全機能と便利機能の充実が図られていません。

ベースとなった標準のGはというと111万3千円です。
6万3千円高です。
Gに乗ってる人は悔しい思いする車だと思うなぁ。

パワースライドドアがつかなかったのは、上のグレードとの差別化をした部分でしょうね。

片側パワースライドドアついている、ひとつ上のXはというと123万9千円です。
HIDは必要だと思うけどなぁ。

2009年1月 4日 (日)

ジュニアヤングオートの世界 オートクライン?

Photo

すんごい車。見つけた。

何の車のフロントバンパーつけてんだろ?
リアもスゴイことになってる。

1

それ以外は普通なんだなぁ。
サイドのボリュームに欠けるんだなぁ。

仕上げの荒さが目立ちました。
無駄な努力に免じて70点。

Dcsa0097

無性にヤングオートやチャンプロードみたいなしょうもない雑誌を読みたくなりました。
えっ。廃刊してたんだ。
Photo_2 Photo_3
Auto Kleinっていう軽自動車の改造専門誌見つけました。
でも、インパクトではヤングオートには届かない。
昔はこれがイケてた。

パレットもこうする?
Crsm0000000000
Crsm0000000005

2008年12月21日 (日)

えっ。スバルはWRC撤退。

Photo_6      

スバルもWRCから撤退を発表しました。
2146833846__wrc_logo
WRCとはWorld Rally Championship の頭文字からとったものです。
ラリー競技で世界を転戦していくものです。

先日はF1からホンダが撤退を発表しました。

スズキはわずか1年の参戦で撤退を決定してしまいました。
Photo_2
以前は三菱もランEVOで参戦してましたが、早くに撤退してしまっています。
来年にWRCに参戦するメーカーはシトロエンとフォードの2社だけということなりました。

理由は皆さんご存知のとおり、世界経済の急速な景気減速にあって、チーム運営・参戦費が経営を圧迫していると言う状況からでしょう。

ぱっと見た目は公道を普通に走っていたりするマシンです。
音もボクサーサウンド バリバリで。
中身はぜんぜん違いますが・・・
WRCレースの面白いところは、クラッシュしても、ただ横転しただけで、足回りが壊れていなければマーシャルや観客らに起こしてもらって走り出したりできます。
Photo_3
このように片輪走行したり、ジャンプしたり見ていて楽しいのです。
CSで放送もあっていますが、F1のように解説や時に耳障りに聞こえることがある実況があっさりしているといころも好印象でした。

この蒼いインプレッサはかっこよすぎです。
Photo_7

私自身もこの音の虜になってスバル車を購入した経緯があります。

多分、売り上げにはWRC効果はある程度はあったのではないかと想像できます。
スバルはWRCを宣伝に有効に活用しきれていなかったですね。
今年は年間3位でしたが、最強だった頃がスバルにはありました。

近年になって、このブルーのボディ色の限定車を出たりしていました。
もっとはやく出すべきでした。
最強の頃に、レプリカのエアロを付けて555台限定とかで、売れば売れたと思いますけどね。

これからは速さと華やかさを競うのではなく、環境性能に関心が向けられていくのでしょう。
Photo_5

移動するための車本来の目的をもう一度見直す時期かもしれません。

Rallyjapan
ラリージャパンとして10月に開催されていた日本もシーズン表から外されています。

2008年12月20日 (土)

新型GT-R R35っていうのかな?

Gtr

Logoで「潜入!日産GTR 誕生の裏側」というタイトルの番組が放送されました。
R32スカイラインGT-Rのころはすごいマシンだぁ。と、わたし自身騒いでいましたが・・・・
手が届かないんじぁ。フェラーリみたいな夢のスーパーカーと同じです。

今度のGT-Rはさらにすごいマシンらしいのです。

販売不振でスポーツカーラインナップを減らしていった時期の日産にあって、カルロスゴーンCEO自ら開発にGOサインを出した車です。
Tr

東京モーターショー2007で華々しい世界デビューを果たしました。
Tr_13
それまで5年の研究開発を経て世に送り出されたという日産渾身の車です。

新型GT-RはV6の3800ccのVR38DETTエンジンを搭載して485馬力なんてバカッ スペックです。
一番安いグレードで8,610,000円もするGT-Rです。
さらに高嶺の花になってしまっています。 

このご時世に果たしてマッチするのでしょうか。
台数うんぬんより、蔵人さんにうければいいだけのくるまなのでしょうか?

その開発に密着したスペシャル潜入ドキュメンタリー番組のようです。

Tr_1


スペック的にポルシェ911GT2と同じくらいで、日産側としてもポルシェをライバルに挙げているようです。

Tr_2    

番組自体は、場面がころころ変わったり、グランツーリスモのゲームの話になったり、話が跳びとびになったり、マンガが挿入されたり、CMになったり、ゆっくり安心して見れません。

Tr_3

市販車での主な記録

  • 6分55秒 - ラディカル・SR8 / マイケル・バーガー
  • 7分11秒 - マクラーレンF1/ ミカ・ハッキネン (1996年11月)
  • 7分22秒 - Viper ACR/ トム・コロネル (2008年8月18日)
  • 7分26秒 - シボレー・コルベット C6 ZR1(2008年6月27日)
  • 7分28秒 - ポルシェ・カレラGT(2004年7月)
  • 7分32秒 - ポルシェ911GT2(2007年)
  • 7分40秒 - フォードGT/ Markus Draper
  • 7分54秒 - NISMOスカイラインR34 GT-R Z-Tune

果たしてポルシェを超えることができたのでしょうか?
結果はこの次に。

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ