カテゴリー「☆長崎「れきし」散歩」の記事

2012年5月19日 (土)

歴史建物 by空倶楽部

undefined

長崎市の繁華街にあるお店。

吉宗(よっそう)茶碗蒸しが有名なお店。

なんとっ。解体中でした。
時代の流れかなぁ。寂しいなぁと思ってたら。
改装されるんだって。


光が入って見苦しいけど、解体中の姿を見たときの衝撃と驚き感が生きてるように思えました。


長崎市 
5月12日 午後


前に記事にしてました。


以前の記事は
こちら

どんな感じに建て代わるのか気になります。

2011年2月 5日 (土)

赤レンガ

Taue178

Taue180

使われていない建物。
ただあるだけ。

文化遺産。残してほしいなぁ。

整然と並んだレンガのラインが綺麗です。

2010年11月17日 (水)

夕顔丸のオブジェ

P1010006

P1010007

土佐藩の船夕顔丸。

龍馬伝を見ているかたはお分かりですよね。

慶応三年1867年。
この船で長崎から最後の船出をしていきました。
この船の上で、船中八策を残しました。

やっと写す機会が出来ました。
それだけ、長崎中央橋アーケードに足が向かなかったということ。

山内容堂は30歳代前半で隠居し、当時40歳くらい。
龍馬伝のお殿様は老けてみえませんか?

11月15日は坂本龍馬の命日であり誕生日でした。
今日は、同じ狂刀に散った中岡慎太郎の命日です。

2010年9月21日 (火)

この先。

旧長崎街道が残っています。
先人たちが通った道。
シーボルトも坂本龍馬も、この道を通ったことでしょう。

林の中に続く道。
何人かで行かないと、ちょっと怖い気もします。

Img1_2

Img6

2010年9月20日 (月)

まちでまんじゅうこうて

旧長崎街道の井戸です。
ふっちゃや(旧い茶屋とい意味でしょうか)という場所があります。

上の茶屋と下の茶屋があったそうです。
上の茶屋の井戸が残っています。
下の茶屋は旅籠や営んでいたそうです。
ここで暫し、一休みしたのでしょう。
歌にもなってます。

まちで まんじゅう こうて。 町でまんじゅう買うて。
ひみで ひ もろうて 日見で火貰ろうて。
やがみで やいて 矢上で焼いて。
こがで こんがらかして 古賀で焦んがらかして。
くやまで うちくうた。 久山でうち喰うた。

Img8

Img3

Img9_2

2010年7月25日 (日)

清風亭跡に案内板ができてる

Dcsa0181
街の開発で忘れ去られてしまっていた場所。
清風亭跡。
龍馬伝で再び脚光を浴びる日が来ました。

亀山社中の坂本龍馬と土佐藩の後藤象二郎がここで会談しました。
二人の利害が一致し、手を取り合ったこと。
歴史を大きく動かす重要な出来事だったと思えます。


当時はどんな佇まいの料亭だったのでしょう。

2010年7月20日 (火)

上野彦馬さん眠る

日本写真の祖です。

風頭の龍馬像のそばに墓地があります。


Img_9067


Img_9070

幕末の志士の姿を写真に収めています。

坂本龍馬のほかに勝海舟や中岡慎太郎、高杉晋作、伊藤博文、桂小五郎、大隈重信、ニコライ2世の写真まで

そういった姿を写真で見れるのは彼の功績のおかげですね。

2010年7月18日 (日)

上野彦馬さんが生まれた場所

大河ドラマ 龍馬伝で上野彦馬役をテリー伊藤さんが務めると発表がありました。
銀屋町にある上野彦馬の生誕の地を訪ねてみました。

Img_1132



Img_1134



Img_1133

それまでの露出時間は1分以上とも。30分くらいとも。諸説あります。
近代写真の祖。上野彦馬さんが生まれた場所がここです。

上野彦馬は、天保9年(1838)、銀屋町16(現、長崎市銀屋町)に生まれた。父・俊之丞は、長崎奉行所の御用時計師で、ダゲレオタイプ・カメラ(銀板写真機)を日本で初めて輸入した。彦馬は 16歳から広瀬淡窓の私塾・威宜園で漢字を学び、その後、長崎に戻り、オランダ海軍医ボンペのもとで舎密学(化学)を学んだ。このとき湿板写真術に興味を示し、津藩士堀江鍬次郎とともに、フランス人ロッシェについて、写真術を学んだ。
文久2年(1862)、彦馬は、中島川湖畔に商業写真館・上野撮影局を開設。高杉晋作ら著名人の肖像や各地の風景を撮影し、貴重な写真を後世に残すとともに、多くの門人を育成し、わが国写真業界の基礎を築いた。
また、明治7年(1874)金星観測の写真撮影に参加。さらに明治10年(1877)には西南の役に従軍し、日本初の従軍写真家として活躍し、明治37年(1904)65歳でこの世を去るまで写真技術の発展に多大な功績を残した。

偉大な写真家ですね。

2010年6月 7日 (月)

近藤長次郎さんの墓。梅花書屋氏墓

Img_1146

Img_1147

Img_1148

Img_1144

Img_1143

亀山社中で坂本龍馬の右腕として中心的役割を果たした近藤長次郎さん。
彼は何とっ。
長崎の地に眠っているんですね。

寺町の小曾根家の墓地の中にありました。

この墓碑の字は坂本龍馬の筆跡ということです。
墓前には饅頭がお供えされていました。

入り組んでいる墓地ですが、結構判りやすい位置にありました。
このあたりかなぁ。

大きな地図で見る

2010年6月 6日 (日)

長崎三大寺のひとつ晧台寺

Img_1135_2

Img_1137_2

町の名前の通り寺が並んでいる長崎市寺町。
それも大きなお寺が並んでいるんです。
その中で、長崎でも由緒あるお寺晧台寺を訪れました。
理由は・・・。

Img_1149

Img_1145

長崎県長崎市

晧台寺

より以前の記事一覧

ぽチッ。と ↓ 押してね!!

  • 人気ブログランキングへ    

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
    にほんブログ村
    訪問ありがとうございます。
    ブログランキングに登録しています。
    一日一回。ぽちっ。としていただけると更新の糧になるのです。
    応援よろしくお願いします。
無料ブログはココログ